新設住宅着工戸数、23年は3年ぶりに減少/国交省

国土交通省は31日、2023通年および同年12月の建築着工統計を公表した。

同年の新設住宅着工戸数は81万9,623戸(前年比4.6%減)となり、3年ぶりに減少に転じた。新設住宅着工床面積は6,417万8,000平方メートル(同7.0%減)で、2年連続で減少した。

利用関係別では、持家が22万4,352戸(同11.4%減)と2年連続で2桁減となった。貸家は34万3,894戸(同0.3%減)で3年ぶりに減少。分譲住宅は24万6,299戸(同3.6%減)で3年ぶりに減少した。分譲住宅のうちマンションは10万7,879戸(同0.3%減)、一戸建住宅は13万7,286戸(同6.0%減)だった。

三大都市圏では、首都圏が総数29万3,837戸(同2.5%減)。内訳は持家4万7,613戸(同13.6%減)、貸家13万2,125戸(同0.2%減)、分譲11万3,079戸(同0.4%増)。中部圏は総数9万2,874戸(同7.0%減)、持家3万3,727戸(同10.1%減)、貸家3万2,329戸(同2.6%減)、分譲2万6,265戸(同8.1%減)。近畿圏は総数13万2,807戸(同3.5%減)、持家2万9,279戸(同10.0%減)、貸家5万9,336戸(同1.3%減)、分譲4万3,473戸(同0.6%減)。

また、12月単月の新設住宅着工戸数は6万4,586戸(前年同月比4.0%減)と、7ヵ月連続の減少。新設住宅着工床面積は501万8,000平方メートル(同5.8%減)となり、11ヵ月連続で減少した。季節調整済み年率換算値は81万4,000戸(前月比3.1%増)だった。

利用関係別では、持家が1万7,031戸(前年同月比13.8%減)となり、25ヵ月連続で前年同月を下回った。貸家は2万5,869戸(同3.6%減)で5ヵ月連続減少。分譲は2万1,320戸(同5.5%増)で、7ヵ月ぶりに増加した。このうちマンションは9,722戸(同19.8%増)、一戸建住宅は1万1,470戸(同4.2%減)と、14ヵ月連続での減少となった。

三大都市圏別では、首都圏が総数2万4,332戸(同3.2%増)、中部圏7,093戸(同10.7%減)、近畿圏は1万205戸(同7.1%減)。

不動産ニュースと不動産業務のためのサポートサイトR.E.portより引用

OTHER COLUMN・NEWS その他のコラム・ニュース

広島でも広がる先端技術

2024.04.20 コラム

賃貸物件のQ&A

2024.04.19 コラム

新設住宅着工戸数、9ヵ月連続で減少

2024.04.01 コラム
一覧に戻る