ヒートショック現象

 

リノベーション担当の竹中です。

今回はヒートショック現象についてです。

 

夏の暑さも落ち着きはじめ、少しずつ秋めいてまいりました。

冬に向かうにつれ、これから朝晩も冷え込んでくることが多くなりますが、注意してほしいのが「ヒートショック現象」です。

東京都健康長寿医療センター(東京都老人総合研究所)の調査によると、ヒートショックの関連で入浴中に急死した人数が推定約1万7000人であると発表されました。

同年の交通事故による死亡者数は4611人でしたから、おおよそ4倍ということになります。

ヒートショックは高齢者に多い現象と言われていますが、年齢に関係なく起こる可能性があるので油断は禁物です。

快適なバスタイムを過ごすためにも、ヒートショックに対して正しい知識をもち、リスクを減らすことが大切です。

 

「ヒートショック現象」とは、暖房器具などによって暖められたリビングから、比較的冷たい浴室・脱衣室・トイレなど、温度差のある場所へ移動したときに起こる現象です。

急激な温度変化で血圧が急上昇・急下降してしまうことにより、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす原因のひとつだと言われています。

特に体全体が露出し、急激な温度変化が感じられやすい入浴時に多く発生します。

寒い脱衣室で衣服を脱ぐことによって血圧が急激に上昇し、浴槽につかることで急低下。

このときの激しい血圧低下によって失神を引き起こし、溺れて亡くなるケースが非常に多いのです。

 

では、ヒートショック現象を防ぐにはどのようにしたらよいのでしょうか。

 

①冷えやすい場所を暖かくする

脱衣所や浴室、トイレといった冷え込みやすい場所を暖房器具で暖めておくことは非常に効果的です。

日本では湯船に浸かる習慣があるためなのか、諸外国と比べると、浴室の暖房設備の普及率が20%台と、とても低いことがわかっています。

暖房器具を置く場合は、浴室専用のものを使うなど注意しましょう。

また戸建など脱衣所に窓がある場合は、内窓を設置するだけでも体感温度が変わりますのでおすすめです。

 

②シャワーを活用してお湯はりをする

あえて高い位置にシャワーを設置し、そこから浴槽へお湯をはるといった方法もあります。

シャワーを使うことでお湯が拡散され、お風呂に入るころには浴室全体があたたまっています。

特別な工事や費用もかからないので、思い立ったその日から取り入れられる方法です。

 

一日の疲れをほぐすバスタイムですから、リスクはなるべく下げたいものですよね。

最近のユニットバスは保温に特化したものが多くあり、オプションを利用することでより断熱性を高めることも可能となっています。

寒くなる前にお風呂まわりのリフォームを是非ご検討ください。

ヒートショック対策も視野にいれて考えてみてはいかがでしょうか。

OTHER COLUMN・NEWS その他のコラム・ニュース

1棟まるごとリノベーション

2021.10.08 お知らせ

間取り図探検

2021.10.02 お知らせ

本当に住みやすい街ランキング2021 in 広島

2021.09.25 コラム
一覧に戻る