本当に住みやすい街ランキング2021 in 広島

 

住宅ローン専門金融機関「アルヒ株式会社」主催
『ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2021 in 広島』
“本当に住みやすい街”TOP10を発表


2021年9月22日に、“本当に住みやすい街大賞2021 in 広島”が開催されました。

 

気になるTOP10には、実際住んだことのない場所ばかりでしたが、(残念ながら、私の地元は入ってなかったのですが)

広島にはこんなにも住みやすく良い場所が、まだまだ沢山あるのだと改めて感じました。

人ぞれぞれ年齢や環境、色んな状況によって住みやすい場所は変わってくるので「住めば都」ですが、

住んだことのない街には色んな可能性も含め、広島が今よりも更に住みやすく素敵な街になっている事への期待が持てる気がしました。

 

今後のお住まい探しの参考にされてみてはいかかでしょうか。

 

 

 

 

■本当に住みやすい街大賞2021in広島とは

『ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2021 in 広島』の選定にあたり、ARUHIは広島でARUHIの住宅ローンをご利用のお客さまの融資実行件数(2018年6月から2021年5月までの3年間、借り換え除く)を

町名単位で集計いたしました。これらのデータを基に、住環境、交通利便、教育・文化環境、コストパフォーマンス、発展性の5つの基準を設定し、住宅や不動産の専門家が参画する選定委員会による公平な審査のもと

“本当に住みやすい街“を選定いたしました。

 

■“本当に住みやすい街”の5つの選定基準

1.住環境

インフラ整備や、衣食環境などを中心に、「住むことの快適さ」などに影響を及ぼす周囲の状況の良さを総合的に審査しました。

 

2.交通の利便性

「働く」という視点において、市街地の主要駅・幹線道路へのアクセス面や交通機関の利用面における「快適さ」などから審査しました。

 

3.教育・文化環境

子供たちが安全・安心に暮らしていける環境が、学校・家庭・地域の連携により構築されているかなどを判断基準に審査しました。

 

4.コストパフォーマンス

その他の審査基準と連動する形で、「住まい環境」の充実度に対する、家賃相場や分譲価格相場、物価の相場などから審査しました。

 

5.発展性

商業・工業・その他インフラ整備や交通面など総合的な視点から、街全体としての利便性において、将来的な「街としての価値の向上」が見込める点を中心に審査しました。

 

住宅ローン専門金融機関「アルヒ株式会社」HPから引用

 

担当 : 小林

 

 

 

OTHER COLUMN・NEWS その他のコラム・ニュース

1棟まるごとリノベーション

2021.10.08 お知らせ

間取り図探検

2021.10.02 お知らせ

ヒートショック現象

2021.10.01 リフォーム
一覧に戻る