賃貸物件で起きやすいトラブル!!原因と対処法

賃貸契約する上で、すべてのトラブルを完全に避けることは難しいもの。

しかし、どういった問題が起こりやすいのか事前に把握し、理想的な対応を理解していれば、その被害は最小限に抑えられるはずです。
この記事では、入居から退去までに発生しやすい賃貸にまつわるトラブルの原因と、その対処法を説明します。

 

入居時の手続きで起きやすいトラブル

賃貸物件の契約時に起きやすいトラブルは、主に「申し込みにおけるトラブル」と「契約内容におけるトラブル」に分けられます。

申し込みにおけるトラブルで多いのは、「一度入居申込書を提出し、その後撤回しようとしたら、それを断られた」というケースです。
入居申込書はあくまで契約前の段階の書類であり、賃貸借契約書ではありません。

契約書に署名し押印するまでは当然ながら契約は成立していませんので、撤回は可能であることを覚えておきましょう。

ただし、まれに契約書の締結前に賃貸借契約が成立しているケースもあります。

 

こうしたトラブルを避けるためにも、入居を撤回する可能性がある場合は、申し込みの取り消しの可否や可能な場合の連絡期日を確認しておくようにしましょう。

契約内容におけるトラブルではまず、「契約より前に契約金の支払いを求められるケース」が考えられます。
契約金は契約する内容が定まって初めて支払われるものであり、契約内容に同意する前に支払いをする必要はありません。

また、「物件紹介時や内見時には説明になかったにもかかわらず、契約の段階であれもこれもと追加の金額を求められ、想定していた額より多くの金額を契約時に払わなくてはいけない」というケースもあります。契約に至るやりとりの中で、仲介手数料や火災保険料、管理費、諸経費や消費税額に至るまで、なるべく詳細な金額を不動産会社に出してもらうようにしましょう。お互いに納得をし、予定金額が変動しないようにしておくと安心です。

at-homeより引用

 

 

上田

OTHER COLUMN・NEWS その他のコラム・ニュース

広島でも広がる先端技術

2024.04.20 コラム

賃貸物件のQ&A

2024.04.19 コラム

新設住宅着工戸数、9ヵ月連続で減少

2024.04.01 コラム
一覧に戻る