電気料金が、2~3割上昇?!

世界情勢やエネルギー価格高騰の影響などを受け、

さまざまなものの値上がりが続いています。

 

電気料金についても、確かに以前より高くなり、

周りからも同じような言葉を耳にする機会が多くなりました。

 

中国電力と広島ガス、福山ガスは9月29日、原燃料価格の変動を料金に反映させる制度に基づき

11月の料金を値上げすると発表した。液化天然ガス(LNG)や石炭などの価格の上昇が続いているため。

 

中電は月260キロワット時を使う家庭で1561円と402円(40%)上げる。値上げは21カ月連続。

広ガスは月24立方メートルを使う家庭で7426円と251円(35%)、福山ガスは23立方メートルで

6575円と243円(38%)それぞれ上げる。いずれも15カ月連続の値上げとなる。

                          (2022.9.29 中国新聞デジタルより)

 

また、来春にも電気料金は、2~3割上昇する可能性があるとか…

これに対し、大きな値上げが予想される来春を待たず、早ければ来年1月分から電気料金負担の緩和措置として

電気料金 支援制度が導入する考えとの事。

 

毎日の生活に不可欠な電気やガス、またこれから寒くなり電気代が高くなりやすい時期なので、

まずは日常的に小さな心がけを積み重ねることで、意識して生活する事が大事だと感じました。

 

また、節約術についても情報を上げていこうと思います。

 

小林

 

 

 

 

 

OTHER COLUMN・NEWS その他のコラム・ニュース

住金機構、利用金利は0・5%以下増加!

2024.07.13 お知らせ

エアコンから水が!?

2024.07.06 コラム

5月の新設住宅着工戸数、再び減少

2024.07.01 コラム
一覧に戻る