宅配ボックスより置き配希望が86%に

(株)ビットキーは18日、オートロックマンションにおけるスマートロックを用いた「置き配」の実証実験に参加した世帯を対象に行なった調査結果を発表した。

実験が行なわれたのは、宅配ボックスが総戸数の約1割分設置されていた、東京都江東区の大規模分譲マンション。期間は7月19日から8月5日。実験参加世帯98世帯のうち、期間中に対象荷物の置き配があり、アンケートの回答があった81世帯の回答を有効回答とした。

対面受け取り、宅配ボックスと比べた置き配の利便性について聞いたところ、「便利」(90.1%)が9割を超えた。「便利ではない」は7.4%。
今後も継続して置き配を利用したいかについては、「利用したい」が95.0%と多数を占めた。

継続したい理由を聞いたところ、1位は「再配達の手間が省ける」(89.6%)、以下、「宅配ボックスまで取りに行く手間が省ける」(80.5%)、「在宅していても応答できないことがあるため」(51.9%)と続いた。

置き配と宅配ボックスのどちらを使いたいかについては、「置き配」(86.0%)、「宅配ボックス」(7.5%)と、大差に。置き配を利用したい理由について聞いたところ、「かさばる・重たい荷物があるため」(86.0%)、「宅配ボックス満杯の場合、再配達依頼が必要なため」(11.0%)、「宅配ボックスに入らない荷物があるため」(3.0%)となった。

(月間不動産流通より引用)

OTHER COLUMN・NEWS その他のコラム・ニュース

フラット35投資悪用消えず 業者が甘い誘惑、返済難も

2024.02.26 お知らせ

新設住宅着工戸数、23年は3年ぶりに減少/国交省

2024.02.19 コラム

二地域居住促進へ、改正法が閣議決定 

2024.02.17 コラム
一覧に戻る