7年後の八丁堀

 

 

10月に入り急に寒くなりましたが、皆様体調は崩されてないでしょうか。

 

気づけば今年も、残り2ヶ月となりました。

長かった自粛生活も解除され、広島の街中も人が戻って来た気がします。

 

また最近は、広島駅や色んな所で再開発が進んでいて、

弊社の事務所がある“広島市中区八丁堀”も再開発が行われるようです。

広島市中心部の再開発地区の地権者でつくる「広島八丁堀3・7地区市街地再開発準備組合」。

2028年度にオフィスや住宅が入る高層ビルを新たに3棟完成させる見込みで、市中心部のさらなる活性化につなげる。

事業費は300億~400億円程度。市内では広島駅南口の再開発やサッカースタジアムの移転計画も進んでおり、街の様相が大きく変わりそうだ。

対象のエリアは広島電鉄の電停「立町駅」の北側で、約1.2ヘクタールの土地。現在は広島YMCAの建物や銀行の支店など9棟がある。

計画では現在の建物を解体し、新たなビルを建てる。着工は23年度の予定。新たな3棟は地上15~28階建てで、高さ70~93メートルとなる。

オフィスビルやマンション、商業施設などにする。事業費は完成後に入居者・企業などにフロアを売却する資金のほか、国などの補助金でまかなう。

「日本経済新聞」より引用

慣れ親しんだ景色が変わっていくのは寂しいものですが、広島の街が綺麗に快適な街になっていくのは楽しみです。

 

2028年には、きっと今とは全然違った景色になっているはずですが、弊社も新しくなる八丁堀と共に成長していけるよう

これからも日々頑張っていきたいと思います。

 

 

小林

OTHER COLUMN・NEWS その他のコラム・ニュース

間取り図探検 No2

2021.11.28 コラム

給湯器がナイ!?

2021.10.30 コラム

1棟まるごとリノベーション

2021.10.08 お知らせ
一覧に戻る