オーナーチェンジ物件

リノベーション担当の竹中です。

今回はオーナーチェンジについてお話させていただきます。

 

 

オーナーチェンジ物件とは

オーナーチェンジ物件とは、入居者とは既存の賃貸契約を交わしたまま売買され、オーナーだけが変わる物件の総称です。

投資用の不動産になるので、自分で住むことはできません。

「この物件いいな!魅力的!!」と思っても、実はオーナーチェンジ物件で住めない物件なんてこともあります。

 

オーナーチェンジ物件のメリットは?

オーナーチェンジ物件は以前のオーナーから物件を取得して引き渡されたときから、家賃収入を得る権利を手に入れられます

不動産ローンについても空室が続いている物件よりも融資を受けやすいメリットもあります。
既に入居者がいるので、安心して不動産投資が始められ、手間や時間をかけずに収益を得られることがオーナーチェンジ物件の一番の魅力です。

 

オーナーチェンジ物件の注意点とは?

オーナーチェンジ物件では入居者がいる状態で売り出されているため、買主が部屋の中を見ることが難しくなります。

物件の瑕疵や修繕履歴、現在お部屋がどのような状態になっているのかということは、なかなか確認することが難しいのがデメリットとしてあげられます。

新しいオーナーを探しているということは、なにか問題がある物件である可能性もあるということを考慮に入れておくべきです。

 

オーナーチェンジ物件はメリットとデメリット、起こり得るトラブルについて事前に把握しておきましょう。

信頼できる不動産会社、管理会社を選ぶことが大切です。

不動産投資&リノベーションに興味のある方は是非たきのぼり不動産にご相談ください。

 

 

 

 

 

OTHER COLUMN・NEWS その他のコラム・ニュース

コンロは、ガス派?電気派??IHクッキングヒーター編

2021.06.05 コラム

ウッドショック

2021.06.04 コラム

ざ~っくりいくらですか??

2021.06.02 お知らせ
一覧に戻る