フロアタイルとは?

フロアタイルとは?

 

フロアタイルとは、PVC(ポリ塩化ビニル)素材でできた、タイル状の床材のことです。
使われている素材の名前をとって、「塩ビタイル」と呼ばれることもあります。
フロアタイルの表面には、素材感をリアルに表現した凹凸加工(エンボス加工)が施されており、
豊富な色柄から選べるのも人気の理由です。

フロアタイルは汚れや傷などに強く土足も対応している物もあります。

フロアタイルの種類

木目 木目 ストーン ストーン

フロアタイルは大きく分けると木目調、石目用などがありますが写真を見ての通り同じ木目でも様々なデザインや模様があります。

同じ石目調やストーンタイプのフロアタイルでも表面がつるつるで光沢のあるものや石の素材がリアルに再現されごつごつとした物もあります。

フロアタイルはクッションフロアよりも更にリアルなデザインが得られる床材だと言う事が見てわかります。

フロアタイルのメリット

耐久性と耐水性

通常天然素材で出来たフローリングなどは水を含む事から水まわりにはあまり適していない床材と言えますが塩ビ素材で出来たクッションフロアやフロアタイルは耐水性があります。

また、クッションフロアよりも素材が硬いので重い物などをおいた時にできるくぼみが少ないと言う事です。

ただし、フロアタイルはクッションフロアと違い床材がタイル状になっている為、フロアとフロアの繋ぎ目部分から水が入り込むので注意が必要です。

施工の気軽さ

フロアタイルは素材が1枚1枚ピース状になっているのでパズルのように簡単に敷く事ができます。

また、フロアタイルはカッター等で簡単に切ることができるのでDIYも可能です。

そして、フロアタイルは既存の床材の上にそのまま引くことができるのでリフォームに適しています。

メンテナンス性

フロアタイルの最大のメリットは簡単なメンテナンス性です。

クッションフロアの場合は一部分が破損したり汚れてしまった場合すべて張り替え無いといけませんがフロアタイルは汚れた部分や破損した部分の張替えが可能です。

また、天然素材のフローリングはワックスが必要ですがフロアタイルはワックスの必要がありません。

こういったメンテナンス性の良さから最近は人気の床材になっています。

フロアタイルのデメリット

フロアタイルのデメリットはあまりありませんが安価なクッションフロアに比べると少しコストが高いと言う事です。

ただし、破損や汚れでの張り換えといった面ではクッションフロアより安くすみます。

その他にはクッションフロアに比べ素材が硬くクッション性が無いということです。

 

 

 

たきのぼり不動産でももともと賃貸物件を中心によく使う床材ですが、

リノベーションやリフォームしたい、空間の雰囲気を変えたい…

そんな時はぜひフロアタイルをご検討ください。

 

OTHER COLUMN・NEWS その他のコラム・ニュース

広島でも広がる先端技術

2024.04.20 コラム

賃貸物件のQ&A

2024.04.19 コラム

新設住宅着工戸数、9ヵ月連続で減少

2024.04.01 コラム
一覧に戻る