「広島城アソシエイツ」

広島城で商業施設を核としたPark-PFI事業

 

 

第1期エリアイメージ
第2期エリアイメージ

NTT都市開発(株)を含む11社で構成される共同事業体「広島城アソシエイツ」は14日、

「広島城三の丸整備等事業(Park-PFI事業)」における公募設置等計画の認定、および指定管理者の指定を受けたと発表した。

 

計画地は、広島電鉄「紙屋町西」駅電停徒歩9分、アストラムライン「県庁前」駅徒歩7分に位置。

開発区域の事業対象面積は約1万3,000平方メートル。

Park-PFI制度を用いて、広島城三の丸エリアに商業施設を整備。

武家茶道の世界を身近に感じられる「SOKOカフェ(仮称)」をはじめとした飲食店や、地元産品を扱う土産物店も設ける。

また、神楽などを上演できる多目的広場や駐車場を設置し、観光客や市民が楽しめる場所とすることで、にぎわいを創出する。

テレビやラジオ、新聞、デジタルメディア、SNSを駆使した情報発信にも力を入れるほか、

周辺の観光スポットとも協力して集客に取り組み、都心の回遊性を高めていく。

 

着工は、第1期エリア(南側)商業施設が2024年3月頃、第2期エリア(北西側)商業施設が25年10月頃。

供用開始は、第1期エリアが25年3月頃、第2期エリアが26年9月頃の予定。

 

                                    (株式会社不動産流通研究所より引用)

OTHER COLUMN・NEWS その他のコラム・ニュース

首都圏分譲マンション賃料、8ヵ月連続で上昇

2024.07.18 コラム

住金機構、利用金利は0・5%以下増加!

2024.07.13 お知らせ

エアコンから水が!?

2024.07.06 コラム
一覧に戻る